Salon

今月のお菓子教室は、クリスマスケーキ!

今年は、チョコレートとマロンのムースの大人なクリスマスを演出♪ クッキーでツリーとブーツをかわいくデコレーション!

チョコレートでヒイラギやトナカイを作り、わいわいがやがや。色んな事件を巻き起こしながら無事、完成!

とってもにぎやかな楽しい教室にマダムは、とてもとても癒されてます。

クリスマスの準備、整いましたか??

お問い合わせ

Sweets

マダムのお菓子教室

料理講習会

贈り物にしたい焼菓子、旬の素材を使ったケーキを中心に講習。基礎から応用までリクエストに応じてグループでの講習。出張講習も承っております。

  • 4

    14

    マカロン
  • 5

    19

    ガレットブルトンヌ
  • 6

    23

    ケックオショコラ
  • 7

    21

    プリン&シュークリーム
  • 8

    -

  • 9

    -

  • 10

    -

  • 11

    -

    ヘキセンハウス
  • 12

    -

    クリスマスケーキ
  • 1

    -

  • 2

    -

    バレンタイン
  • 3

    -

15:00 - 19:00

とうとう、またまた、渋皮栗のラム酒漬けを作る季節となりました!

昨年、お菓子教室のみんなで栗の渋皮煮が話題となり、みんなそれぞれの自慢のレシピをお持ちなのに驚き!!!マダムは、もう何年前にチャレンジしたか思い出せないくらい...

さゆみさんのレシピでトライ!!!
まぁ~長い道のりを頑張りました!

愛おしくてたまらない渋皮栗煮が出来、タルトにケックにモンブランに大活躍!!!でも、渋皮栗煮の先輩方に近づくにはまだまだ修行が。

今年もチャレンジ!待ってて下さい!
11月のお菓子教室「モンブラン」には登場する予定ですから!

今年も栗が届きました!

ありがとうございます!
かよこさん!!!

むかーし、大阪長居に住んでた頃、自転車で帝塚山まで走りチーズケーキ専門店(名前は忘れたわ)までお茶しに行ったものです。カマンベールチーズケーキやゴルゴンゾーラのチーズケーキ全部で10種類はあったかな。チーズケーキ好きにはたまらない濃厚さがやみつきでした。

倉敷に来てからは今は無きティーズアレイのキャラメルチーズケーキにはまりました。紅茶も絶品でしたが夏限定のプリンにはシェフは大絶賛!あ~~~もう食べれないなんて寂しすぎます。(自分で作ればいいのですが、やはりあの場所であの空間で食べるのがたまらないのです)そんな素敵な空間と時間を大切にしているお店には通いたくなるもんですよね。

マダムお気に入りのチーズケーキのレシピは10種類くらいあるんですが、一番はフランボワーズのチーズケーキ!早く自分で育てたフランボワーズでチーズケーキが作れる日がくる事を祈って!!!水やり頑張ります!

来月は季節は桃!桃のババロワ!
玉島で桃を作ってられる岡本さんのところまで頂きに行きます。毎年この時期に、大量の桃のコンポートを作り色々なお菓子に七変化。岡山に来てから夏の楽しみのひとつです!!!

おちゃめな一級建築士A氏の写真より

おちゃめな一級建築士A氏の写真より

なんとも愛らしいフォルムと焼き色!
ふわふわ感と軽さ、チーズのやさしい味わい。
もらうと嬉しい一台です。

お菓子教室では、メニューによってはラッピングの講習もしているのですが、おしゃべりの尽きないお菓子教室で唯一誰もしゃべらず無言で取り組むラッピングの時間がとっても滑稽でいつも私ひとり、にやっとしてます。

子供の頃からどうやったらかわいくプレゼントが出来るかを考えて過ごしてきた私には膨大なリボンのストックと紙、包装紙のストックがあるのですが、使い古しの紙もリボンも英字新聞もシェフにとってはゴミ同然のようで...

このなんともいえない味わいがわからんか!!!

私にとっては宝石たちの原石のような存在にもう少し敬意をはらって頂きたい。

この焼き菓子にはまって20年。
焼きたて3時間以内には食べてほしい。
(希望はね!)

タルトのポイントは、この香ばしさと食感。
旬のフルーツと共に味わえる。

これからは、旬の紅玉のタルトがおすすめ。
パイでも楽しめる。

パイ生地の講習は、みんながブルーになるくらい手間がかかるが、美味しさは格別。食いしん坊の私は、あの魅惑的な食感と味わいを堪能できるなら、そんな手間などなんのその。

今月のお菓子のコースはアップルパイ!
やはり永遠のおやつ、ロングセラーは素朴さとやさしい味わい。お楽しみに!

紅玉とくるみのタルト

紅玉とくるみのタルト

香ばしさと紅玉の酸味、クルミの食感が後引く美味しさ!!!

気長なお菓子作りには、向いてる人と向いてない人がいる。適度に神経質で適度に大雑把が一番良い。なにせポイントさえ押さえればかなりいい線までいける事間違いなし。

初めて作ったお菓子は、おそらくアイスボッククッキーだった気がする。小学校3年生から好きな男の子に手作りチョコを渡すくらいおませだったのに、おしゃれより食べる事が一番好きだから太りますよね。

きっかけは、美味しいおやつが食べたい!!!と自然な欲望。小学時代、毎日のおやつは母の手作り。フルーツ寒や牛乳寒、白玉団子にわらびもち、パンの端を揚げて砂糖でまぶしたりローテーションが決まってるから飽きてくる。テレビのCMに流れてるお菓子は買ってくれない。母が毎月購読してる「栄養と料理」には美味しそうなお菓子の作り方が載っている!

たまに母の妹の叔母からチッキ(この言葉がわかる人はいます?)で手づくりのクッキーやパウンドケーキが送られてくる。ん、ん、ん、美味しいものは自分でつくる?つくるしかない? 買うお金もないし材料が家にあればタダじゃん!(ラッキーなことにけっこう冷蔵庫に色んなもんが入ってました)

なんとも単純で自然な欲望で職業にしてしまいました。しかし、しかし、料理人と結婚したのでよかったのか、けっこう役に立ってるらしい。(と信じてる)

マダム時々パティシエ、けっこう天職かもしれない。

エッグタルト、別名プリンパイ!

6月のお菓子教室は、久々のパイ生地登場で三つ折り2回3セットの説明で少々みんなのテンションが下がる。

こんなにめんどくさいの!正直なご意見です。

しかし、美味しいものを食べるための執念は人一倍のみなさんは「エッグタルトとプティフールサレを食べると3日間の道のりを跳ねのけて笑顔で頑張るわ!」(そうなんです、このシンプルなエッグタルトに辿りつくまでこんなにかかるのです)

いつもその一言を待ってるんです!!

今期、2回目のお菓子教室。昨年に引き続きみなさんのリクエストにお応えして色々なお菓子に挑戦していきたいと思います。

今回は、木苺のシブースト。これは、私のリクエスト!!
木苺... フランス語でフランボワーズ。私の大好きな素材のひとつ。何かと登場回数が多いフランボワーズなんですが、パティシエの夢としては自分の庭でなった果実や実で美味しいデザートやケーキを作りたい。まだその一歩も踏み出せずにいますが...

本日の生徒さんよりフランボワーズの苗を譲って頂けるとのこと。半歩進みました!!!

お菓子教室 木苺のシブースト

お菓子教室は、別名マダムサロン!
お菓子作りの楽しさ、コツを伝授!

ご興味がある方はぜひ一度参加してみて下さい。

収穫月

2010 - 2011

Yukako Nakahara
_Patissier
なかはらゆかこ
パティシエ
Yukako Nakahara _Patissier