Salon

第3話 最強の女仕分人 RENBO

Nov 2010
3

とかくこの世は無駄だらけ。むだ、ムダ、無駄の世の中で泣くのは弱い者ばかり。涙を拭いておいでなせぇ。この世にはびこる無駄を一掃する必殺仕分人 シェフ侍 が斬ってしんぜましょう。

さて、今回の依頼は...
シェフ侍様、どうか私の話を聞いてくださいまし。私は倉敷市内で「M の月」というレストランを長年営んでいる者です。今日はこのレストランのシェフ(私の夫でもあるのですが)のことでご相談します。

このシェフはかなりの完璧主義者で何でもきっちりしないと気がすまない性分なのです。自分のことをイチローと思っているらしくイチローの本は全部持ってますし、イチロー語録を壁に貼って自己満足しています。

それだけならいいのですが、私にまで弓子夫人のようになれと言い出す始末。朝は毎日特製カレーだとか、昼は毎日元気もりもりホットドックだとか、とても付き合いきれません。イチローのように何十億も稼いでいるのならともかく稼ぎは悪いわ、高い材料ばっかり買い込むわと店はいつも火の車。

さらに悪いことに病的なぐらいキレイ好きで私がお菓子の仕込みでちょっとでも店を汚すようなら私の後からほうきと雑巾を持ってまわり気が散って仕事に集中できません。今まで約十年間我慢してきましたが、この先まだまだ続くと思うと夜も眠れません。どうかシェフ侍様、このイチローかぶれの面倒くさい完璧主義者のシェフをずたずたに叩き斬ってやって下さい、お願いします。

...それはそれはやっかいなお話でございますなぁ、心から同情します。こんな自分勝手な奴は私自ら成敗したいところですが実はちょっと今回は野暮用で(保育園の親子遠足でして)おいとましやす。その代わりといっちゃぁなんですが、頼もしい助っ人をご用意しやしたのでご安心下さい。それじゃ RENBO(レンボー)姐さん、よろしくお願いしやす。

ここで最強の女仕分人 RENBO について説明しておこう。純白のスーツに身を包み、ショートカット、かなりの美人。いかにも仕事ができるぞというオーラを全身にまとい身のこなしも優雅。噂では元キャンペーンガールでゆくゆくは大臣、そして総理大臣のイスを狙っているという野心家。

彼女の質問にはイエスかノーで答えなければならない。くだらないオヤジギャグでも言おうものなら虫ケラを見るような冷たい視線を浴び、ヘビに睨まれたカエル状態になる。そして、彼女の究極の殺し文句「一番じゃなきゃ、ダメなんですか?」この言葉を聞いた瞬間、志高き完璧主義者たちは地獄に叩き落とされ廃人のように世捨て人になるのである。まさに恐るべし RENBO。彼女が立ち去った後、そこに広がるのは死の荒野...

必殺仕分人「シェフ侍」

このコーナーではみなさまの周りの無駄で理不尽な話をお待ちしております。なお、今回の話は半分ぐらいフィクションで、登場する人物、団体名は架空のものです。
このコーナーに関する苦情・質問等は一切受け付けませんのでよろしくお願いします。

〜次回予告〜
泣く子も黙る、おねぇキャラの仕分人登場。
お楽しみに!

Yukako Nakahara
_Patissier
なかはらゆかこ
パティシエ
Yukako Nakahara _Patissier