Salon

シェフ君、奮闘す!秋のキャンプ編〜プロローグ〜

Sep 2011
24

いや〜みなさん、すっかりご無沙汰してしまいました。
めっきり秋らしくなりましたねぇ。それにしても今年の夏は暑かった。僕がこの暑さで倒れていると思っていたでしょう。残念ながら違います。今年はちょっと心を入れかえて、かなりまじめに働いていました。そう、ランチを結構していてこれはオープン以来(約10年前)の快挙です。

僕がくだらないシェフブログを頻繁に書いている時はあまり仕事をしていない時だと思ってください。7、8月は公私ともにくだらないブログを書く暇もなく馬車馬のごとく汗水たらして働いていました。

しかし残念なことになぜか売り上げは例年どおりでした。ということは、いつものようにランチをあまりせず、ぼけぼけしている方がよいという結論にいたりました。ま、あまり細かいことは気にせずぼちぼちやりましょう。

実は9月の17日〜19日の連休を利用して、家族で四国にキャンプに行ってきました。昨年の大山キャンプにつづき2回目、僕たちを含め3家族、計12人。しかしみなさんもご存知のとおり台風接近で天気予報では3日とも大雨。もともとアウトドア苦手なシェフは落ち込む一方、さらにいつものことだが前日になっても何も準備していない状態。絶対雨なのでカッパやら着替えやらさらに荷物が多くなるしもう最悪。ひそかに誰か中止しようというメールを回してくれないか心の中で念じていました。

しかし、そんなシェフの叫びにも似た願いとは裏腹に雨天決行が下され、多分みんなうちのマダムと同じでO型人間の集まりであまり物事を深く考えない人の集まりのようである。しぶしぶ前日の夜中から台風接近の速報を見ながらキャンプの準備をするのだがぜんぜんテンションが上がらない。何回見ても降水確率は100%だし、せめて80%ぐらいになってくれ!

そして運命の日はやってきた。予想どおり朝から雨。やっぱり最近の天気予報はすごいですねぇ。無理やり車に荷物を詰め込み、この時点でもうびしょぬれ、いざ出発。どうか瀬戸大橋に入るまでにキャンプ中止のTELがかかってくることを祈りながら...(ご存知の通り、シェフは往生際がかなり悪い人間ですので)

そんなシェフの願いも届かず車は瀬戸大橋に突入。後ろで子どもたちは大はしゃぎ。しかし目前の四国は真っ暗、さらに雨はきつくなるし何やらモヤってきて視界は悪くなるし、よっぽど与島パーキングエリアで(他の家族には悪いが)引き返そうと思いました。そして無情にも中原家一行を乗せた車は四国に大雨のなか突入したのである。

こんなシェフの苦悩とは裏腹にマダムと子どもたちは「せっかくだから讃岐うどんでも食べようか」と言ってはしゃいでいる始末。果たしてこの脳天気集団の中原家一行は再び生きて本州の地を踏めるのであろうか...?
〜 本編につづく 〜

Yukako Nakahara
_Patissier
なかはらゆかこ
パティシエ
Yukako Nakahara _Patissier