Salon

もし高校野球の女子マネージャーがシェフッカーの「シェフブログ」を読んだら

Mar 2011
16

ベストセラー「もしシェフ」のピーター・Y・シェフッカーです。今日は「自由」について講義しよう。

大きく分けると自由は、「Liberty(リバティ)」と「Freedom(フリーダム)」の2つに分かれる。

リバティは、本来もともとある自由。日本人の大半はこれに当たる。話が変わるが、ラブホテルで「リバティ」という名まえが多いのは気のせいだろうか?ちなみにラブホテルが多い県で岡山県はベスト3に入るらしい。岡山の人は外食にはあまりお金は使わないが、ラブホテルにはよく行くらしい。まあ、そんなことはどうでもいいことだが...

次に「フリーダム」。映画「ブレイブ・ハート」でメル・ギブソンが処刑される時「フリーダム」と叫ぶシーンがある。つまり「フリーダム」とは勝ち得た自由ということだ。今の日本では普通に生活していて自由ではないと感じることは少ないだろう。

実は、私は数年前まで店において軟禁状態にあった。倉敷のアウンサン・スーチーと呼ばれていた。その頃仕事が行き詰まり、嫌でいやでよく店から逃亡するのでマダムから軟禁されていた。一緒に出勤すると財布・車の鍵といったものを没収され監視状態におかれる。たまにプッチンプリンの差し入れがあるぐらい。

それでもマダムの目を盗んで着の身着のまま逃亡するのだが、だいたいイオンの中の喜久屋書店で見つかり連れ戻される。別に行くとこもないし友人もいないしお金もないし走って逃げるので遠くへも行けない。本屋で立ち読みするぐらいしかないのだ。

マダムは私の居場所を見つける名人なのだ。真剣に私の知らないうちに体内に GPS が埋め込まれているのではないかと思っていたことがある。

諸君!
生きていく上で大事なことを今日は3つ言っておこう。

一つは、今生きていること
ただ生きている。それだけでいい。多くを望まないことだ。

二つ目は、平和であること
平和な世の中だから、自由があるのだ。

そして最後に、健康であること
「健康なくして、かなう夢なし」だ。

Yukako Nakahara
_Patissier
なかはらゆかこ
パティシエ
Yukako Nakahara _Patissier