Salon

今日は、私の長女 伝説の「脳天気おねぇ」こと J.D(女子大生)ちひろ についてお話ししましょう!

先日、彼女は就職試験で帰っていたのですが、試験当日家を出る20分前までダラダラ横になって漫画を読んだりアイス食べたり、特に勉強するでもなく、緊張するでもなく普段通り。

で、15分前、突然起き出しサッと顔を洗って服に着替えて行くと思いきや「あ、時計がない」とか言い出す始末。

実はこれ3回目でして、高校受験の時も、大学受験の時も必ず直前に時計がないと言い出すのです。

誰も腕時計を持っていない中原家はあたふた...「ちょっと小さい目覚まし時計を持っていけ」とか「あおいのリラックマのおもちゃ時計持っていけ」とかまるでコメディードラマを見ているよう。

もちろんハンカチもティッシュも持っていないのは言うまでもないですが...

本当にいつも「こいつ大丈夫かぁ」と思うのですが、本人は何とかなるさぁ〜みたいな感じで、こりゃ絶対マダムに似たんだろうなと。

いや、もうマダムを超えたと確信しました!

Mの月シェフの平穏な老後を脅かすこの脳天気おねぇが、絶対倉敷に帰ってこないようあらゆる手段を使って阻止しようと心に決めた夏の日でした。

皆さんいつかは来るとは思っていましたがとうとうその日がやってきました。Mの月としましては積極的に協力していきたいと思います。

具体的には、今まではマダムとの対話時間を5分間としていましたが5月末日まで3分とさせていただきます。もっとお話ししたいのは山々ですが何卒ご協力のほどよろしくお願いします!

Mの月シェフの経験上、こんな時はジタバタせずひたすら嵐が過ぎ去るのを待つのが1番。雪山で遭難した時、動き回るよりもじっと救助を待っている方が生存率がはるかに高いんですよ。

そんなわけで早速、某レンタルショップT屋に行き、海外ドラマ20本一気にレンタルし、夜な夜な1シーズン一気見しようと思ってます〜

2020年「居る出んウィーク」そして2021年「ゴール見えんウィーク」ますます迷走し続ける日本社会ですが、来たる4月25日 Mの月 春のイベント「ボンマルホリデー」に向け、今日は鉄壁の感染対策について検証してみましょう!

その1「マダムのスマホを隠す」
シェフは常日頃から1日1組しか予約を入れるなと口が酸っぱくなるほど言い続けているのですが、事もあろうに先日などは4組も入れやがりました!プンプン!

普段は温厚なMの月シェフですが、この日ばかりは頭にきてこれ以上予約が取れないようにマダムのスマホを隠してやりました。今度4組も入れようものならスマホを風呂に沈めてやろうと固く心に誓いました。

その2「結界を張る」
なるべく店が目立たないように樹々を植え、毎日「どうか木の精霊達よ、Mの月を隠し守りたまえ」と念じながら水遣りしています。

さらに要所に札を張り、結界を強化しています。しかし常連のお客様は強者揃いであっさり結界を破られ続けています。

最後に、これが一番難しい〜

その3「とにかくマダムにしゃべらせない」
先日などは午後1時から5時ぐらいまで入れ代わり立ち代わりお客さんと延々と喋りまくっていました。MIHOみょんとよくあれだけしゃべれるなぁと感心を通り越して呆れてました。

いかがでしたでしょうか!このように他の追随を許さない鉄壁の対策がある限り、安心してボンマルホリデーを楽しめそうですね。珍しく天気も良さそうですし...

この日ばかりは結界を少し緩めておきますので安心してご来店ください〜

最近ふと気付いたのですが、金デリにしろ春カフェにしろどうも見るメンバーはいつも一緒ではないかと...

これは多分みなさんMの月依存症にかかっていると思います。ほとんどの方がマダムと話をしに来ているように思えてなりません。

まぁそれはそれでいいのですが、あんまり話が長くなるとマダムが料理を持って行ってくれないのでレストラン営業に支障をきたすこと必至。

そこで誠に残念ではありますが、1人の持ち時間を5分間とし、それ以降は1分間延長ごとに100円の追加料金をいただくという苦渋の選択をしました。

残り時間10秒前にあのチーンを鳴らしますので悪しからず!

どうしてももっと話したい方は後日まとめてセラピーしますのでその時参加してください。

もちろんMの月シェフの濃い味依存症の患者も急増中です...

とうとうこの日がやってきました!春カフェの熱狂的ファンからこれだけは必ずしてくれと懇願されるほどの人気モーニングメニュ〜

「ガレット・コンプレット」

Mの月では生地にライ麦粉を加え、香ばしく焼き上げたガレット生地にコンプレットというハム、チーズ、卵の3種の具材をのせ仕上げます。

もちろん卵は半熟で、この卵と絡めながら食べるのが最高なんです!ぜひフレンチのエスプリをこの機会に...

カレーランチはこちらも待ってました〜

「カシミールカレー」

シビれる黒胡椒の辛味としっかり炒めた玉ねぎの甘み、スパイシーにしてフルーティなブラックカレー、今回はビーフカシミールカレーです!

そして忘れてはならないのが、シェフの涙ぐましい努力あってこその〜

「いちごパフェ」

すみませんが、最近駐車場が溢れてますのでなるべくお乗り合わせの上ご来店ください〜

春カフェ用の朝採りイチゴを前日の日曜日に総社JAに買いに行くのですが、実はMの月シェフは地獄のイチゴ争奪戦を毎週繰り広げているんです。

8:30 オープンなので 8:15 ぐらいから並んでいるのですが、すでに5〜6人はいつも先に並んでます。で、開門と同時にダッシュでイチゴ売場へ。

マダムが選ぶ間、ルール無用の横取りおばちゃんたちを阻止すべくマダムの壁になり、おばちゃんたちの尻タックルにもめげずマダムが集中してイチゴが選べるよう死闘を繰り広げているのです。

最初の頃はおばちゃんパワーに圧倒されてましたが、最近はヒジと軽快なフットワークでなんとか勝利しています。

みなさんもこの涙ぐましいシェフの努力あってこそのイチゴパフェ、イチゴロールであることを心してお召しあがりください〜

Mの月シェフ左眼手術から約1週間が経ち、眼帯も取れ徐々に視力も回復してきました。ですので、独眼竜康宗 めでたく旅立ちましたことを皆様にご報告します。

で、今日は私の手術をしてくれた凄腕眼科医の先生についてお話しましょう〜

この先生、何がすごいかと言うと、とにかく自分が一番をやたらアピールすることです。私は「オレが一番先生」と呼んでいるのですが...

年の頃は40代前半、スラッとしていて、いかにも出来そうな感じ。毎回診察に行くたびにオレが一番話をしてくれるのですが、今日はその先生のオレが一番話ベスト3を発表しておきましょう!

まず、手術の回数、経験とも県内ではオレが一番!

そして、最新の設備、検査器具、サロンのような内装、オレが一番!

最後に、手術の時間、手際良さ、オレが一番!

今度「2番じゃあダメなんですか?」と聞こうと思うのですが、まぁ長い付き合いになりそうなので「はぁ〜すごいですね!」と感心して聞いています。

そう!Mの月シェフは聞き上手な出来た人間なんです。

というわけで、オレが一番先生、これからのご活躍ますます期待しております〜

突然ですが今日は皆さんにシェフの悲壮な悩みを聞いていただきたく筆を取りました。実は私もう10年以上、岡山の専門学校で月3回ぐらいパンを教えに行っております。

生徒はほぼ高校卒業したての18〜20歳位の女の子でして、まぁ私の娘とほぼ同世代、それがなんとMの月シェフのウィットに富んだ素晴らしいギャグが全く受けないんです!

例えば、フランス語でソースとかに濃度をつけることを「リエする」と言うんだけど宮沢りえ知ってる?と聞くとシーンと長い沈黙。

さらに懲りずに小麦粉が水と混ざってデンプン化することを「のり化」って言うんだけど 藤原紀香 知ってる?さらに長い沈黙...

何が辛いかってその長い沈黙が針のむしろの上にいるようで、とにかく何か反応してくれと... そんなわけでいつも帰りの電車の中で1人泣いています。

このゆとり世代のチルドレンたちをどう笑わしたらいいのか、これを考えるとご飯も喉を通らず最近げっそり痩せた気がします。

やはり困った時はマダムに相談が1番で、聞くと「そりゃあ昭和のギャグやで。これからはSexy Zoneとかスノーマン、NiziUでいったらええよ」と的確なアドバイスをいただき、いま必死でジャニーズとK-Popを猛勉強しています。

やはり何事も前向きなマダム、凄すぎます!

ちょうどMの月シェフが左目を手術して早1ヶ月が経ちました。目の充血、視力もほぼ回復し、はっきりくっきり見えるようになりました。

ただよく見えるようになったのはいいんですが、ひとつ問題が...

家の汚れがよくわかり、特に風呂とか洗面所がこんなに汚れていたのかと改めて気付きショックを受けてます。

あと、いまだ4種類の目薬を1日4回差しています。ふと思ったのですが、これがマダムだったら絶対にできないだろうと。1回ですら忘れてしまうと思います。

365歩のマーチ風に「1日4回、3日で12回、3回忘れて1個なくす〜」ぐらいがいいのかと!

3月の中旬になり、前回お話したあのいちご争奪戦がますます熾烈を極めてきました。

ひと通りルール無用の横取りおばちゃんたちは制圧しましたが、ここにきてなんと最強のライバルが出現しました!

この男、パッと見はあのラガーマン、リーチ・マイケル風。でかい割に素早く、パワー、スピード、ヒゲの濃さ、全てにおいてMの月シェフを圧倒しています。

このままでは美味しそうな朝採りいちごを根こそぎ持って行かれ、マダムから役立たずのレッテルを貼られ、ビール禁止令が発動されるのも時間の問題。

そこでこのマイケルに完全勝利するため、次女みのりちゃんに弟子入りして最強のディフェンスを伝授してもらうことにしました。

実はみのりちゃんは中学時代バスケットボール部主将でしてゴール下の守護神として恐れられていました。

そして、連日連夜の地獄の特訓を重ね、ついにマイケルを封じる必殺のマンツーマンディフェンスをあみ出し、いよいよ決戦の日曜日に挑むMの月シェフでした... つづく

みなさんはじめまして、自称 高額接待プランナー 是井拓残舞(ぜいたくざんまい)です!

今日はいま世間を騒がしている高額接待の実態をみなさまにご説明しましょう〜

接待とは物事の交渉を速やかに円滑に進める根回しのことで食事をしながらするのが通例です。それが今回のように並外れた額となるとやはり問題です。

1人7万円の予算のうち飲み物と手土産を差し引くと約5万円が料理代ということになります。

たぶん原価35〜40%ぐらいだと思うので材料代は1人1.5万円〜2万円、そうなるとやはりメインの肉は和牛ステーキでしょう。

5等級最高ランクの霜降り和牛、食べるとき歯がなくてもいいぐらい柔らかく口に入れた瞬間とけるような感じ。

海の幸は伊勢海老もしくはオマール海老そしてアワビ、うに、キャビア... とにかく高級食材のオンパレード。

ぶっちゃけた話、3万円以上になるともう一緒です。あとは器、内装、演出力ですね。

まぁ世の中知らない方が幸せというのは多いもので、こんなことを書いていると高額接待反対と思われがちですが、いやいやむしろ「高額接待 Welcome」です!

もちろんMの月シェフの口の固さは業界でも屈指!ただ唯一Mの月マダムの前ではすぐ口を割りますが... これはマダム共犯ということでOKですね!

春カフェ2回目、まずモーニングは〜

「ホットサンドモーニング」

今回はオーソドックスに ハムとタマゴ 。ホットサンドの何がいいかって?あの端の部分の少し焦げたくらいのところが美味しいんです!カレーランチは〜

「春キーマカレー」

実はわたくし、星の数ほどあるMの月カレーの中でキーマカレーがもっとも好きでして、タケノコ、えんどう豆など入った春キーマカレーは最高です!やはりあの肉の粗挽き感がいいですね〜

そしてぜひ!シェフの努力があってこそのイチゴパフェお召し上がりください!この努力については後日詳しく〜

あとカレーのテイクアウトですが、すぐ食べられる方はご飯付きも出来ますのでお気軽に声をかけてください〜

Yukako Nakahara
_Patissier
なかはらゆかこ
パティシエ
Yukako Nakahara _Patissier